住民の命を守る首長

TOP 

 15日夜、帰宅して晩酌しながらラジオ、テレビの報道に耳を傾ける。聞くとはなしに聞いていたのですが、原発事故から住民を守る、被災者の健康を案ずる、そういった地方自治体の首長の生の声が次々と流れてきた。

 そこにからは、住民の命を守ろうと必死の思いが痛いほど伝わってくる。そして住民の直面している困難になんのお構いもなしに、くるくると方針を変えてくる国の対策への憤り、そして失望さえ感じさせ、思わず画面を前に涙してしまった。

 今、わたしたちは何をすべきなのか? 首長の叫びを聞きながら考えてしまった。

Share Button

コメントご記入欄