慌しく過ぎる毎日です

TOP 

 連休中の20日(日)、朝早く起きて、新聞配達を長男に代わってもらって妻とふたりで赤旗号外の地域配布。“朝飯前”にお墓にいって、お彼岸の中日を前に墓掃除と花立てをすませ、一日のスタートです。

 選対、そして政策論戦部の打ち合わせで、大震災での未曾有の被害、原発重大事故という状況の中でたたかわれるいっせい地方選挙にどう取り組むのか、どういった論戦で臨むのか、住民の意識・感情にマッチした取り組みにしようと真剣な議論が交わされた。

 午後からは地元の住吉支部会議で、明日の街頭演説、23日の全国いっせい決起集会を軸とした選挙に向けての取り組み方向を論議。ニュースを届けて後援会員に依拠した支持の広がりを―と確認しあった。

 夕方は候補者担当として、候補者カーの運行、スタッフの確保についての実務をこなす。そして夜は、自治会の理事会が開かれ、頭に切り替えに苦労する。あっという間の一日です。

Share Button

コメントご記入欄