議会も大詰め、会派間の調整も

TOP 

 25日、午前は市議会議員定数・議会改革問題特別委員会。定数問題、議会改革に向けた個別案件の洗い出し作業をおこなった。委員会を前後して、原発問題についての意見書の取りまとめ、国保料値上げに関わる附帯決議提出について、他会派の議員と断続的に擦りあわせをおこなった。

 原発問題では、福島第一原発事故を受けて、原子力政策の見直し、安全協定の締結などを求める立場から議会の一致を見出し、中電と国に対して意見書・要望を提出しようというもの。

 国保料問題では、今回の10%の値上げに関して、当局が描いている2年後の値上げはさせない、国庫負担を増やすこと―などを決議しようというもの。

 いずれも住民の立場にたったものにできるかどうか、28日の3月議会最終日まで調整が続きます。

Share Button

コメントご記入欄