島根原発の安全対策申し入れ

TOP 

29日、米子市議会の渡辺照夫議長が中国電力米子営業所を訪れ、「福島第一原子力発電所で発生した事故等に伴う島根原子力発電所の安全対策等について」申し入れをしました。

この申し入れは、共産党市議団などが「原発の安全性について不安が高まっているなか、議会として意思を表すべき」として、国に対して意見書を提出すると同時に、島根原発が米子市から30キロほどのところにあることから申し入れをしたものです。

申し入れの内容は、▽福島第一原発の事故原因などを踏まえ総点検を実施し、安全の確保を、▽30キロ圏内にある米子市との安全協定の締結を、▽プルサーマル計画を含めた島根原発の耐震性、安全性について徹底検証し、結果の公表を―などとなっています。
>> 福島第一原子力発電所で発生した事故等に伴う島根原子力発電所の安全対策等について(申し入れ) 米子市議会議長 PDF58KB

Share Button

コメントご記入欄