秋桜(コスモス)な気分

TOP 

 22日、しんぶん赤旗の日刊紙と日曜版の早朝配達をし、ちょっとゆっくり目の朝食をとったあと、錦織さんの当選と公約実現のあいさつを載せた住吉後援会ニュースを地域に配布。一服しながら、山口百恵さんの「秋桜(コスモス)」を聴いています。

 

(1) 薄紅のコスモスが 秋の日の
  何気ない陽だまりに 揺れている
  この頃 涙もろくなった母が
  庭先でひとつ 咳をする
  縁側でアルバムを 開いては
  私の幼い日の思い出を
  何度も同じ話 繰り返す
  独り言みたいに 小さな声で

  こんな小春日和の 穏やかな日は
  あなたの優しさが 沁(シ)みてくる
  明日(アシタ)嫁(トツ)ぐ私に 苦労はしても
  笑い話に 時が変えるよ
  心配要らないと 笑った

(2) あれこれと思い出を たどったら
  いつの日も一人では なかったと
  今更ながら 我儘(ワガママ)な私に
  唇噛んでいます
  明日への荷造りに 手を借りて
  しばらくは楽しげにいたけれど
  突然涙こぼし 元気でと
  何度も何度も 繰り返す母

  有難うの言葉を 噛み締めながら
  生きてみます 私なりに
  こんな小春日和の 穏やかな日は
  もう少し あなたの
  子供でいさせてください

 しみじみとした情感が伝わってくるさだまさし作詞・作曲の名曲です。ちょっと季節違いの感じもしますけど…。

Share Button

コメントご記入欄