仁比さん交えて原発論議

TOP 

わが家に咲いているビオラ 23日、前参院議員の仁比そうへいさんを米子に迎え、原発問題で意見交換。島根原発を身近に控えた鳥取県西部地区の地方議員らが、いっせい地方選や議会活動を通じた原発についての住民の声などを出し合い、「原発ゼロ」社会への取り組みを話し合った。

 仁比さんは、昨日(22日)松江市に講演のために訪れた吉井英勝衆院議員らとともに、きょうの午前は島根原発をウオッチング。午後は島根県庁を訪れて副知事らと懇談し、夕方米子へ。参加した地方議員らに「住民の安全を最優先にした防災計画が求められる」「福島の重大事故で原発は大丈夫じゃないことが明らかとなった」と指摘しました。

 参加者からは議会での議論やいっせい地方選で有権者から寄せられた原発に対する不安の声、各自治体での自然エネルギーの活用事例などが出され、原発が立地する地域の党としての取り組みを深め合った。

 最後に仁比さんは、「こういうときこそ共産党が住民の間に打って出るとき。原発からの撤退、ゼロにむけた期限を切ったプログラムを、という共産党の発展させられた原発政策を多くの有権者に知ってもらえるようがんばろう」と会を締めくくった。

Share Button

2 通のコメント “仁比さん交えて原発論議”

  1. Comment by N:

    意見

  2. Comment by 岡村英治:

    Nさん、どしどしお寄せください。

コメントご記入欄