中学校給食実施に向けての説明

TOP 

 25日、市長が表明した2015年4月の中学校給食実施に向けて検討を進めている作業チームから、共産党市議団に対してこれまでの取り組み経過が報告されました。

 県内で唯一、中学校給食を実施していない、計画もなかった米子市だが、この6月議会、市長がこれまでの慎重姿勢を一変、境港市と同時期の4年後の実施を表明。教育長をトップとした庁内の検討委員会を立ち上げ▽これまでの検討状況▽中学校給食をめぐる環境の変化▽現時点での庁内での検討状況▽今後の検討課題、スケジュール―などについて整理してきました。

 きょうの説明会で、市議団の松本議員、石橋議員から「食育を推進する」ためのあるべき給食像について教育長などにただし、またわたしは「県内で最後に中学校給食を実施することとなったが、一番いい給食となった、と言われるように頑張ってほしい」と、当局に“ハッパ”をかけました。

 市民の期待にこたえる中学校給食を実現したいものです。

Share Button

コメントが1通 “中学校給食実施に向けての説明”

  1. Comment by 音ちゃん:

    積年の要望、是非とも完全自校方式で、ぷ~~~んと生徒の鼻をくすぐるおいしくて安心の給食の実施を!!

コメントご記入欄