C-2配備、学校給食申込制度

TOP 

 21日、午前は議会運営委員会のあと、党県書記長の岩永さんと「赤旗まつり」で祝電やメッセージを寄せていただいた市長、農協組合長、それとシンポジウムで発言していただいた誘致企業ナノオプトの工場長を訪問しお礼のあいさつ。あいにくご本人はいずれも不在でしたが、対応していただいた方々、盛会を喜んでいただきました。午後からは懸案事項の対応協議―。

 まずは米子市長が同意の意向を県知事に伝えた航空自衛隊美保基地への新型輸送機C-2配備問題。配備によって美保基地の機能が大きく変えられ、危険性が増大することを多くの住民に知らせることが大事。県議会に向けても配備の問題点を明らかにした要請書を届けようと話し合いました。

 続いて、学校給食申込制度の導入について。義務教育における教育の一環としての給食に申込・契約制度はなじまないなどの議論を交わし、実態調査、教育委員会との懇談をやっていくことを決め、来週にも実施することとしました。それにしても、給食費の未納対策として制度の導入が図られようとしているわけですが、財政状況を優先するあまり教育的観点を二の次、三の次としたやり方は認められません。

Share Button

コメントご記入欄