閣僚の自殺

TOP 

 28日お昼過ぎ市役所にいたら、現職の閣僚である松岡利勝農水相が議員宿舎で首をつっているのを発見され、病院に運ばれたものの死亡が確認された、と午後のニュースを見ていた某市政記者が教えてくれた。

 同農水相は、事務所費問題や最近の緑資源機構の官製談合問題など多くの疑惑に包まれていた。死者に鞭打つようだが、真相が国民の前に明らかになる前に自らの命を絶つことによって、問題の解明に蓋をした格好だ。

 しかし、これからも問題の徹底究明がなされなければならないし、そして何よりも、政権の延命のために同農水相をかばい続けた安倍首相の責任が今後大きく問われなければならないと思う。松岡氏の地元事務所関係者も最近、自殺していたことが報道されているが、なんとも後味の悪い展開だ。

Share Button

コメントご記入欄