メリークリスマス、そして消費増税ノー

TOP 

商店街で訴えながら署名活動 24日、クリスマスソングが流れる商店街で、消費税増税反対の街頭署名に消費税廃止各界連絡会のメンバーで取り組みました。そして夕方からは、みぞれ交じりの冷たい雪が時折激しく降る中、雪が積もらないうちにと自転車で読者集金に回りました。おぉ寒~ぅ!

 きょうの街頭署名は、22年前のこの日、竹下自民党内閣によって消費税導入が強行された。そして今、民主党政権に変わって、2年前の総選挙の「今期の消費税増税はしない」との公約を投げすて、「社会保障と税の一体改革」だといって10%に引き上げようとしている。そんな政治をストップさせようと取り組みました。

 所得の低い人ほど負担感の重い逆進性が強い税金、大企業は価格に転嫁できても中小・零細業者はとてもできない、そんな天下の悪税を、5%でも大変なのにさらに引き上げるなんて! とても許せない!

 社会保障の財源は、グアムへの米軍移転費用など無駄な軍事費を削ること、証券優遇税制の是正、大企業・大金持ち減税をやめるとともに儲けに応じた負担を求めること、そして真っ先に憲法違反の政党助成金は廃止すること、そうすればうみ出せます。

 野田民主党内閣に対する怒りが強い表れでしょうか、きょうの街頭署名は反応がよく、「いつもより多くの人に署名してもらったね」というのが参加者の感想でした。

Share Button

コメントご記入欄