ハローワーク米子が移転へ

TOP 

手狭なハローワーク米子 米子市の発表です。ハローワーク米子(米子市博労町4丁目)は駐車場が狭く、周辺の道路も狭隘なため利用者の出入りする車で絶えず混雑。地域住民から解消の強い要望が出されていましたが、国の予算に移転関連経費が計上されていることがわかりました。

 同ハローワークは1982(昭和57)年に現庁舎が設置されましたが、とりわけ近年の長引く景気低迷のなかで、利用者が急増。施設や駐車場が手狭なことや出入りする道路が狭隘であることから慢性的に混雑状態。通学路ともなっていることから、周辺住民から解消を求める声が上がり、党市議団も要望を取り上げてきました。

移転候補地のイオン米子市駅前店 鳥取労働局としては、来年秋ごろの移転をめざし関係者と協議を詰めていくとしていますが、移転候補地としてJR米子駅前にあるイオン米子市駅前店4階フロアを計画。そうなれば、現在よりも広い業務スペースを確保でき、駐車場問題も解消できる、としています。

Share Button

コメントご記入欄