沖縄防衛局長、今度は市長選で「職員講話」

TOP 

 31日夕、帰宅してネットを見ていたら、毎日新聞の「<沖縄防衛局長>有権者に「講話」か…宜野湾市長選巡り」との記事が目にとまりました。沖縄防衛局は昨年、当時の局長が「犯す」発言で更迭されたり、夜も明けやらぬ闇の中、辺野古への新基地建設にかかわる環境影響評価書をこっそりと県庁に届けるという“離れ業”を演じて国民を唖然とさせたばかり-。

 今日の記事によると、2月12日投開票される同市長選を巡り、家族や親戚などが同市にいる職員をあらかじめ調査しリストを作成。今月23日と24日の2回に分け、勤務時間内に対象職員を集めて局長が「講話」をした、という疑いがあるという。共産党の赤嶺政賢議員が、今日の衆院予算委員会の集中審議で明らかにした。

 国家公務員法102条は「職員は、人事院規則で定める政治的行為をしてはならない」と規定。人事院規則は「政治的目的のために職名、職権またはその他の公私の影響力を利用すること」が政治的行為にあたる、としているそうです。新基地建設のためならなりふり構わぬ、そうした防衛局の姿勢の表れだと思います。

Share Button

コメントご記入欄