衆院選に福住英行さん

TOP 

福住英行さん 24日、米子市政記者クラブで衆院選鳥取2区の候補者として、日本共産党が鳥取県西部地区委員長の福住英行さん(36歳)を擁立することを発表しました。その記者会見には福住さんのほか、県委員長の小村勝洋、そして私(岡村英治)も同席しました。

 福住さんは、国政はもとより地方選挙も含めて初めて選挙での立候補となります。記者会見では、自らの生い立ちに触れ反戦平和の党に入党したいきさつなどを述べながら、立候補の決意として▽3人の幼い子の親としての体験からも子育て・教育を充実させたい▽消費税増税と社会保障の改悪にストップ▽苦労して育ててくれた祖父母が営んでいる農業を守るためにも、地域経済を守るためにもTPP参加断固阻止▽子どもたちに安心できる環境を残すため原発ゼロ、自然エネルギーへの転換を―の重点政策を訴えました。

 比例中国ブロックの石村智子さんと同じ36歳。記者の方々からも若き政治家に期待する声が寄せられました。私たちはこれから、福住さんを先頭に、強く大きな党づくりをしていきながら、国政にもしっかりと議席を確保できる力を備えるよう、がんばっていきます。

 どうか、みなさんのご協力、ご支援をよろしくお願いします。

 それにしても、記者クラブの閉鎖性については、あらためて何とかならないかと感じました。というのも、今日の記者会見に「赤旗」記者の同席を求めたのですが、「政党機関紙の取材は認められない」との記者クラブからの回答。赤旗記者は排除されました。

 わたしたちは“同時取材”の観点から、記者クラブでの候補者発表ということを重視しているのですが、そこのことろを理解してもらってないようで残念です。

Share Button

コメントが1通 “衆院選に福住英行さん”

  1. Comment by 岩永尚之:

    候補者発表ごくろうさまでした。
    立派な候補者ができました。

    ともにがんばりましょう。

    写真つかわせてもらいました。
    よろしくお願いします。

コメントご記入欄