夏も終わりにかっかている筈なのに…

TOP 

 夏の高校野球、準決勝の2試合がおこなわれ、苦しみながらも勝ち抜き連覇を狙う駒大苫小牧、そして荒木大輔投手(現西武コーチ)以来といわれる好投手を擁した早稲田実の両校が決勝にこまを進めた。

 私の直感では、明日の決勝戦は早稲田の勝ち! なにせ大先輩の王監督がガンの手術を克服して、母校の応援をしている、その意気に選手たちが感じないでいられようか!! 勝負事、最後は気力だ!!!

 それにしても、今日も蒸し暑い一日だった。台風10号の影響も余りなく、昨日の雨も、申し訳程度。夕方には庭の草木が「水をくれ~」と言っているようで、早めに水撒きをした後、学習会にいそいそと出かけた。この暑さ、いつまで続くんでしょうね?

Share Button

コメントが1通 “夏も終わりにかっかている筈なのに…”

  1. Comment by kotora:

    王監督の「癌克服に意気を感じたかどうか試合を見ていないのでなんともいえないが予想通り早実が優勝。
    最後まであきらめない野球は感動を生んだ。

    人に感動を与えるのはどういうときか?
    誠実に最後まであきらめないで紳士に物事に取り組む姿だと思う。
    日本共産党もあくまで実直に辻説法で訴え、人の心に触れれば今の政治のありようを批判する勢力は多いはず。道理あるこちら側に人心を引き込もうよ。

コメントご記入欄