小沢氏が無罪になって喜ぶのは誰だ!

TOP 

 26日、注目の「陸山会」の土地取引をめぐる小沢一郎元民主党代表の政治資金規正法違反事件で、東京地裁は無罪判決をくだした。証拠がつぎつぎと採用されなくなる中で、予想された判決とはいえ、政治と司法に対する信頼はますます低下することにつながりそう―。

 判決では、元秘書らによる虚偽記載は認めたものの、「収支報告書にウソの記載をするという認識が小沢氏にあったことは十分立証されておらず、共謀は認められない」として、無罪を言い渡した、と。

 しかし、判決の一部で述べているように「小沢氏の政治的立場や金銭の大きい経済的利害に関わる事柄について、元秘書が自ら判断できるはずはない」として、小沢氏が報告を受け、了承していることは認定された。しかし、司法の判断はそこまで。かくなる上は「必殺仕置人」の出番を待つしかない!と、誰かが思っても不思議ではないでしょう。

 そんな物騒な世の中は、それこそご免です。そうならないように、私たちがなすべきことは何か―。

Share Button

コメントご記入欄