米子で脱原発キャンドルチェーン

TOP 

ロウソクに灯がともされて… 脱原発を掲げて100万人国会大包囲行動が展開された29日、米子でも暮れなずむ午後7時から米子市文化ホール前広場で連帯するキャンドルチェーン行動がおこなわれました。

 カラフルに彩られたカップに収まったロウソクに灯がともされ、脱原発を掲げる中川市議やがれき処理受け入れに反対するグループメンバーらも次つぎと発言。私も共産党西部地区委員会を代表して、福住地区委員長は今日の国会行動の先頭にたって頑張っている、原発なくせの声を聞かない政治は変えていくしかない、と連帯のあいさつをしました。

 国会包囲行動、鳥取県からいったメンバーからのメールでは、すごい人波でどのくらいの規模かわからない、明日の「赤旗」紙面が楽しみだ、と言う。こうした動きが、確実に政治を変えていくんでしょうね。

Share Button

コメントご記入欄