プラス3が、一転してマイナス1

TOP 

 プラハで開かれていた国際天文学連合(IAU)総会は24日、冥王星を惑星から“降格”させて太陽系の惑星を8つにする新しい定義を賛成多数で決定した、という報道がありました。

 総会初日の16日には、太陽系惑星を冥王星を含むこれまでの9つに加えて、冥王星の二重惑星とされた「カロン」など3つを新たに加え、惑星を12とする新定義が提案されていました。しかし、この提案に対し批判が相次ぎ、①太陽の周りを回り、自己重力で球状の形を取る天体②軌道上で「圧倒的に大きい天体」-を骨子とする定義が提案され、総会で決定されたものです。

 この結果、一部で海王星の軌道と重なる冥王星は「圧倒的に大きい」との条件を満たさないため、この点から惑星の地位を失うことになったものです。

 科学とは、難しいものですね。

Share Button

コメントご記入欄