おかしいぞ!「日本海新聞」

TOP 

日本海新聞のニュースの焦点 21日、地元の日本海新聞地域総合面にニュースの焦点として大きく「米子市営3団地廃止計画 『約束違反』強い反発 住民合意難航予想」との記事。市内にある老朽化し廃止計画が持ち上がっている尚徳、博労町、大垣―のうち、主に淀江町内にある大垣団地を取り上げて居住者の声などを紹介している。

 今開かれている9月定例市議会の一般質問でも、淀江出身の松本松子議員(共産党)、そして松田正議員(蒼生会)が廃止反対の立場で市長の姿勢をただした。が、記事で紹介されているのは「市長、重大な約束違反ですよ」「次は大垣という空気だった。政治判断に納得できない」という松田議員の発言だけ。この記事だけを読めば、読者は「団地存続のために地域住民の声を取り上げて松田議員が質問してくれたんだな」と思うに違いない。

 でも、松田議員の質問の前日、松本議員も同問題で質問。「今まで付き合い支えあった人と別れたくない」「知らない人の中で暮らすのが不安」と、松本議員が丹念に拾い上げた移転を迫られる居住者の不安の声を紹介し、大垣団地の現在地での建て替えは「合併のときの住民への約束」、合併後の地域審議会でも「五千石住宅、尚徳住宅のあとに大垣となると説明していた」と、政策変更を強く批判した。記事では、そうした事実がまったくフォローされていない。

 この記事を執筆した田村彰彦記者も両議員が質問したことを知らないはずはない。にもかかわらず一方の側だけを取り上げ、松本議員の「ま」の字もないなんて、なにか意図的、政治的なものを感じざるを得ない。「公器」としての新聞で許されることではない!と思うのだが、みなさんはどうお感じだろうか…。

Share Button

3 通のコメント “おかしいぞ!「日本海新聞」”

  1. Comment by 音ちゃん:

    絶対におかしい! 「地方の新聞を消すな」と応援した私などは、「ふるい話だ」ぐらいにしか思っていないように思われる、新日本海新聞ですよ。。。

  2. Comment by minato no yoko:

    本当だ。私もそう思ったよ。記事を追っていてどこに松本議員の言葉が出てくると思ったのに、なかった!!

  3. Comment by 岡村英治:

    “記事の公平性”を突き崩してまで松本議員の質問を無視した理由は何だったんでしょうかね…。音ちゃん、minato no yoko さん、ご意見ありがとうございました。

コメントご記入欄