「開かれた議会」逆行許すな!

TOP 

 25日、市議会の議員定数・議会改革等調査特別委員会が開かれ、制定をめざして論議を重ねている「議会基本条例」について、会派の取り扱いなど条例上の問題点、そして基本条例に付随して論議の対象となった申し合わせ事項の見直しについて意見を交わしました。その中で、今後の論議で注意しなければ、という点が何点か…。

 その一つが、「交渉会派」の要件を現行の3人から4人へと、“ハードル”を上げようとしていること。これまでの議会の中での論議を経て、10数年前に4人から3人になった経緯があります。それを元に戻そうというものです。具体的には、共産党市議団3人を交渉会派からはずそうというのですから、露骨な党利党略です。

 また、住民から寄せられる議会に対する陳情。これまでは各常任委員会で審議され、採択不採択がはかられてきました。それを見直しでは、議員に文書配布するだけ。委員会で審議してほしければ、議員提出の請願の形をとれ!というものです。住民の陳情権を狭めるもので、とうてい認められません。

Share Button

5 通のコメント “「開かれた議会」逆行許すな!”

  1. Comment by minato no yoko:

    議員って何様?!ってとこね。

  2. Comment by 岡村英治:

    市民から負託を受けた議員、という感覚を常に研ぎ澄ましていなければ…。

  3. Comment by sada:

    ひどいことですね~。県内他市町村へ広がらないよう、米子でストップ!がんばって。

  4. Comment by モコ:

    議会は何回か傍聴していますが……

    結論は決まっていて、本当に市民の声を受けとめているとは言えない感じがします。 多数決では人数が多い方に分がありますし… 『国がこうだから…』と言い訳ばかりでガッカリでしたね。米子市独自の考えも持たないと発展は難しいと思っています。 陳情は市民が市政に対して意見が出せる大切なものです。被災地支援に関しても『国がしないことはしない』との事で怒りを感じてる市民もいます。ひどい事を言ってる会派は想像できます(;-_-+

  5. Comment by 岡村英治:

    モコさん、ご意見ありがとうございます。市民の権利に制限を加えるようなことを絶対に許してはならない! 改めて感じました。

コメントご記入欄