これじゃあ「反原発規制委員会」!

TOP 

 27日、九月定例議会最終日を翌日に控え、保守系会派から提出された尖閣諸島、竹島、そして拉致問題についての意見書案について、党市議団としての対応を協議。境港市議団との合同会議で9月議会を振り返ったあと、夕方からは赤旗の読者集金。月末まで日数がない分、“神風”集金となりました。でも、原子力規制委員会(田中俊一委員長)の取材規制、本当にひどいですね。

 昨日のしんぶん赤旗で「特定の主義主張を持つ機関の機関紙はご遠慮いただく」として、発足したばかりの原子力規制委が毎週開く記者会見に、「しんぶん赤旗」を排除する方針を明らかにしたことを報道しました。規制委員会のメンバーが原発推進勢力で占められていることをズバリ報道したことなどを根に持ったのでしょうか。

 今日(27日)の赤旗では、同規制委が議題で①報道機関への発表を積極的におこなう②報道機関を既存官庁よりも広く捉え、報道を事業として行う団体や個人を対象にする―と明記していることからして、「赤旗を排除するのは不当」との赤旗社会部長名の抗議をおこなったことを報じています。

 そして、この問題をめぐってツイッターで「言論の自由を奪う」「こんなことがまかり通ったら日本は暗黒時代」などの書き込みがあったことも紹介しています。

 何のための原子力規制委員会なんでしょう。規制する対象を見誤っているとしか言いようがありません!

Share Button

コメントご記入欄