体罰は絶対に認められない!

TOP 

 先日から大きく報道されている大阪市立高校のバスケットボール部顧問教諭による体罰が引き金となった生徒の自殺。いかなる理由があろうとも、教育現場に体罰を持ち込むことは許されない! そのことを強く社会に徹底させることが大切だと感じています。

 同校はバスケの名門校であったそうで、それゆえに指導にも熱が入り、“勝利至上主義”ともあいまって体罰が常態化していたのではないかと思われます。

 小学生のスポーツ少年団の活動においても、指導者によって“活を入れる”ために体罰がおこなわれている、ということはときどき耳にすることです。保護者の中にもそれを「勝つためには…」と容認する風潮がある、とも言われています。

 しかし、体罰は相手の人格を見下し、服従させるためのものです。相互に向上しあうといった健全なスポーツ環境とは無縁なものです。とりわけ人格の完成をめざす教育現場では絶対に認められない行為だと言わねばなりません。

Share Button

コメントご記入欄