政権に返り咲いて、盛んになったのは…

TOP 

19日付「しんぶん赤旗」15面に掲載されていました、「自民派閥 パーティー活発 “与党復帰効果”? 参院選へカネ集めに奔走」の記事。ご覧になりましたでしょうか。政権に返り咲いた途端やることがこれですから、やはり国民のための政治は期待できそうもありませんね。

記事によると、自民党各派閥の資金集めパーティーが、与党の時と野党になってからの違いを政治資金収支報告書で調査。自民党が政権転落以前の2009年と民主党政権下での11年を比べると各派閥とも激減し、最も多かった町村派で54.9%、石原派(旧山崎派)にいたっては22.4%だったそうです。

そして、3年4か月ぶりに政権に復帰した自民党、やることは昔と同じで、利益誘導の大企業からの“還元”とばかりにパーティー券の押し付け。TPP交渉参加で見せつけられた安倍首相の「アメリカ言いなり」ぶりですが、「大企業の利益優先」という姿勢も変わってないようです。

Share Button

コメントご記入欄