涙をのんだ14年前を思い出しました

TOP 

米子市長・市議補選の投開票日が明けた22日、日本共産党の市議団と県議、そしてそれぞれの候補者として奮闘した佐々木やす子さん、福住よし子さんをまじえて、県委員会の宣伝カーを市内に走らせ「公約実現」の訴えをアナウンスして回りました。

運転手をしながら、ふと思い出しました。14年前のいっせい地方選挙の2期目に挑戦した市議選で、私は次点となり涙をのみました。その時も、開票日翌日に市議選に当選した佐々木さん、錦織陽子さん(現県議)とともに宣伝カーを走らせましたが、その途中で支援者に大きく手を振っていただき、マイクを通してしゃべっていた言葉が詰まってしまったこと、今でも忘れることはできません。

「捲土重来」という言葉があります。来年6月にある市議会議員選挙では、必ず福住よし子さんを含めた共産党の議席を確保する、その決意です。

Share Button

コメントご記入欄