三鴨秀文氏は会派「仁」に

TOP 

23日、議会事務局からの連絡文書によりますと、今回の市議補選で当選した三鴨秀文氏は会派「仁」(中田利幸会長)に属することになった、と。これまで一人会派だった「仁」は、2人の会派となったわけです。

当初、選挙前の情報では保守系会派「蒼生会」に入ると言っている、とうわさされていた三鴨氏ですが、露骨な会派入りは避けたのかな、という印象です。

前回4年前の市議補選でトップ当選し、多数会派に所属せず一人会派を通し、1年2か月後の市議選挙で落選の憂き目を見た同氏。今回は、前回の轍(てつ)を踏まないよう入念な会派選択をしたんでしょうかね。

Share Button

2 通のコメント “三鴨秀文氏は会派「仁」に”

  1. Comment by 三鴨秀文:

    本人です。

    私は、選挙のために会派を選択したりは致しません。
    米子市の発展のために、どうすれば自分の力を一番発揮できるのか、その選択をしたまでです。

    また、貴方が、選挙前にどのような噂を聞いていたのか分かりませんが、きちんと裏を取られましたか?
    これからは、直接顔を合わせる機会も多くなりますし、貴方は元新聞記者なのですから、推測ではなく、私と面と向かってきちんと話をしてから、そのご感想等を書かれるのがよろしいのではないかと思います。

    私は本日まで、まだ貴方と一度もお話をしておりませんので、ご連絡をいただけましたら、いつでもお会い致します。

  2. Comment by 岡村英治:

    ………やはり!

コメントご記入欄