佐々木憲昭衆院議員が弁士の演説会開く

TOP 

25日午後、佐々木憲昭衆院議員を迎えて日本共産党演説会(党西部地区委員会主催)が開かれました。会場に詰めかけた約300人の聴衆は、岩永なおゆき党県委員会書記長(参院選鳥取選挙区予定候補)、仁比そうへい前参院議員の熱のこもった決意表明、佐々木衆院議員のわかりやすい話にじっくりと聞き入っていました。

岩永さんは県内各地の団体などと懇談し、燃油が高騰して苦境に追い込まれているイカ釣り漁船の漁師さんに思いを寄せながら訴え。仁比さんは入院していた病院で、たまたま隣り合わせたベッドの人が、生活保護の取り上げをされそうになったとき、その不当性をただして病院関係者から「黄門様みたい」と評価されたエピソードを紹介。「憲法が危ない今、ぜひ国会で働かせて」と、支持を訴えました。

佐々木さんは、憲法問題、「アベノミクス」などについてわかりやすく今の情勢を話した後、日本共産党が発表した「景気回復提言」を紹介。「庶民vs財界というのが今度の参院選。暮らしを守る共産党の躍進を」と呼びかけました。

Share Button

コメントご記入欄