庭木の剪定、といっても妻の手伝い

TOP 

日曜日の16日、午前中は党の事務所に出かけて、先日共産党の資料を郵送しておいた東京の知人に電話かけ、10数人に声掛けができました。都議選真っ最中で、共産党の議席がどれだけ増えるか注目が集まっているようです。午後は自宅で議会の資料整理、そして夕方からは妻と買い物に出かけたり、伸び放題となった庭木の枝の剪定などお手伝いしました。快晴、ノウゼンカズラの赤い花が青空に映えていました。

まず小ぶりのビワの実をとるためにバッサ、バッサと枝落とし。さらにその勢いでプルーンの実がついていない余分な枝を枝打ち用のノコでバサッ。日ごろやらないことをしたものですから、腕や肩が痛いのなんの…。

台所仕事では、庭になっていたフサスグリの赤い実を焼酎に漬け込み、ビワの実も…。焼酎のパックを買い足さないといけません。

Share Button

コメントご記入欄