元日吉津村議・三島俊徳さんの葬儀

TOP 

25日、鳥取県日吉津村議を7期28年務めた三島俊徳さんの葬儀が営まれ、多くの共産党西部地区の地方議員とともに参列しました。享年74歳。

葬儀の時に紹介されていましたが、三島さんは生まれる前に出征した父親の顔を見ることもなく、また母親も幼いころに空襲で亡くしたという境遇で育った、と。宮崎の日本パルプ(現王子製紙)に入社し、日吉津村にある工場に転勤。職場や労働組合運動などを通じて仲間からの信頼を得て、在職中から村議として活躍してきました。

私にとっても議員として大先輩。包容力のある方で、九州男児らしく、酒といえば焼酎のこと!と“豪語”する方でもありました。また、共産党西部地区の役員として活動のあり方などさまざま教えていただきました。

2年半前に病に倒れ、一度は元気な姿を見せられましたが、2日前に帰らぬ人となりました。日本共産党員として労働組合運動、そして村議を務め上げられた三島さん。安らかにお眠りください。合掌。

Share Button

コメントご記入欄