PTAの教育懇談会

TOP 

PTA役員、校長らが参加した分散会 27日、米子市小中PTA連合会が主催する教育懇談会が市内の中学校で開かれ、参加してきました。

 懇談会には小中学校のPTA役員や校長・教頭、教育委員会、市議らが参加。学校環境、学校給食をテーマに分散会で話し合った。

 私が参加した分散会では、あらかじめPTAから寄せられていた学校施設の改修などの要望事項を見ながら、「子どもの安全にかかわるものは早急に措置してほしい」「校舎の耐震性に不安がある」「洋式トイレのニーズが高まっている」などの意見が次々と出された。とりわけ、航空自衛隊基地の近くにある中学校からは「全館冷房をしてほしい。暑い時など窓を開け放していては、練習機の爆音で授業ができない」という声は印象に残った。

 また学校給食については、民間委託に移行するにあたっての不安、給食費未納問題などについて発言があり、私は「払えるのに払わない、といった問題と、貧困と格差が広がる中で、準要保護世帯に対する就学援助が減らされ、給食費を払うことができない、といった問題は分けて考えなければならない」と問題提起した。

Share Button

コメントご記入欄