仁比そうへい参院議員を鳥取に迎え

TOP 

22日、3年ぶりに国会に復帰した仁比そうへい参院議員を選挙後初めて鳥取県に迎えて「国会報告会」、そして街頭演説。冴えわたる“仁比節”に、「比例5議席実現し、仁比さんを国会に送れてよかった」と喜びをかみしめました。

倉吉市の会場には、県内各地から党員、後援会員らがつめかけいっぱい。「暑いけど上着を着ているのは、みなさんの力でかちとった議員バッチを見てもらいたいから」と、仁比さんは共産党の躍進を勝ちとった参院選を振り返りました。

そして、消費税、TPP、憲法―と暴走する安倍政権と真正面から対決する11議席となった共産党の国会での役割の重さを、議運理事となった体験を交えながら語りました。

国会報告会の後、仁比さんは今月29日に告示(10月6日投票)の倉吉市市議選の共産党予定候補の佐藤博英元市議とともに街頭で訴え。安倍政権を地方から追い詰めるためにも、共産党の議席をなんとしてもと訴えました。

Share Button

コメントご記入欄