雪の大山をバックに映える旧日野橋

TOP 

14日、米子市内を車を走らせていたら白く雪をかぶった大山がくっきりとした姿を見せていました。で、県西部を流れる日野川にかかり、6連からなる半アーチ型が特徴の旧日野橋を前景にして写真をパチリ!収めてきました。

この橋は、米子市内を東西に走る国道9号のかつての“東の玄関口”として、1929年に完成。延長366m。2000年の西部地震で全面通行止めとなりましたが、03年に文化庁の登録有形文化財に指定されて以降、橋脚や橋台などの補修、アーチ部分は白く塗装されるなどして、07年から歩行者と2輪車以下の通行ができるようになりました。

大山と旧日野橋、ともに米子のシンボルです。

Share Button

2 通のコメント “雪の大山をバックに映える旧日野橋”

  1. Comment by oomotoyoshiko:

    いいアングルですね。大山の大山たる時期の到来ですね。来年は市議選ですね。健康に留意して頑張ってください。

  2. Comment by 岡村英治:

    oomotoyoshiko さん、コメントありがとうございます。急に寒くなりました。お互い、健康には留意しつつ…。

コメントご記入欄