晴れの日の会議

TOP 

 朝から青空が広がり、好天に恵まれた25日、私たちはこともあろうに終日屋内での会議に没頭した。

 年にいっぺんの共産党西部地区委員会の定期大会、といえばいいのだろうか。西部地区の各支部から選出された代議員が参加し、間近に迫った総選挙の勝利を中心とした今後1年の方針を論議しあった。討論でも、それぞれが住民の願いをかなえるためにどう取り組んでいくのか、真剣なやり取りが展開された。

 私は、主催する側の一員としてこの“大会”に参加したが、年末も近づき慌しい中でも一日を割いて大会の成功のために参加していただいた代議員のみなさんに、本当にご苦労様でしたといいたい。とりわけ、今日のように好天の日にはいろいろやりたいことがあったでしょうに、と思うとよけいにそう感じる。

 というわけで、今日は“晴れの日”。会議を終えて帰宅した後は“断酒”も一時中断して、会議の余韻に浸ったのでした、ん? 

Share Button

コメントご記入欄