質問通告を提出しました

TOP 

25日、PM2.5が山陰地方にも襲ってきたようで、終日もやがかかったような状況でしたが、一気に春本番を思わせる暖かい日和となりました。朝イチで3月4日に行う会派の代表質問の通告を提出し、午前中は党の会議。6月の米子市議選勝利に向けた取り組みなど話し合いましたが、今のところ定数26に対して5名ないし6名オーバーの立候補が予想されるという激戦模様。

午後から夕方にかけては、よーいドンで「赤旗」読者数金に走り回りました。なにしろ、明日は質問準備のために自宅にこもることにしてるもんですから、今日のうちにという訳です。

代表質問は、共産党市議団の3人会派の持ち時間は90分(片道)で、そのうち私が追及質問を含めて50分、残り40分で同僚の石橋議員と松本議員が関連質問に立ちます。私がおこなう代表質問の項目を以下に掲載します。

代表質問項目

 

1、      国の悪政からの防波堤となる市政を

①   平和憲法を守り、「集団的自衛権の行使」など解釈改憲の動き、C-2配備など美保基地の機能強化に反対する

②   TPP参加、消費税増税に反対し、地域農業と暮らし、経済を守る

 

2、      市民の暮らし、福祉・医療を守る市政を

①   いのちと健康を守る国民健康保険に

②   介護の切り捨てに反対しお年寄りの生きがいとなる制度に

③   保健師の増員で市民の命・健康を守る

④   生活保護の切り下げに反対し、老齢加算の復活を求める

⑤   公営住宅の縮小・廃止をやめ、大垣住宅の建て替え、希望者が入りやすい住宅の整備

⑥   誰もが手軽に移動できる公共交通機関の充実

 

3、      保育・教育の充実した子育て応援の市政を

①   公立保育所を充実し、保育料の軽減で子育て支援を

②   子どもの健やかな成長をはぐくむ学校教育を

③   誰もが安心して放課後を過ごせる学童保育の充実

④   子どもの利益第一の教育制度の確立

 

4、      地域の環境、豊かな郷土を守る市政を

①   大海崎、森山両堤防の開削などで水質浄化を図り、豊かな中海を回復させる

②   大山山麓の淀江産業廃棄物最終処分場計画に反対する

③   ゴミの減量化に向けた取り組みを促進させる

④   島根原発1、2号機の再稼働反対・廃炉を求め、3号機の運転開始に反対する

 

5、      まちの活性化、地域産業の振興を図る市政を

①   中小企業予算の拡充を求め、住宅リフォーム助成制度の導入などで地域経済を活性化させる

②   家族農業の振興と後継者の育成

③   公契約条例の制定で地元企業の経営と雇用を守る

④   JR米子駅南北一体化は住民の理解と納得の上で

 

6、      市民本位で公平公正な市役所とするために

①   合併協定でうたわれた淀江支所の機能を堅持活用し、施設の有効活用を

②   同和事業を終結し、公平・公正な行政を

③   市職員の働きがいのある職場をつくる

④   灰溶融施設の破たんをどう受け止めるか

 

 

Share Button

コメントご記入欄