美保基地に陸自が大型ヘリの配備計画

TOP 

きょう(28日)付の日本海新聞。航空自衛隊美保基地に大型ヘリ・CH47JAが配備される計画だ、と報じています。昨日の市議会特別委員会で説明があったものです。大規模災害などへの対応のため鳥取県などが配備を要請してきた、という経緯がありますが、防衛省・陸上自衛隊が新たな中期防衛力整備計画で6機導入することを決めています。

同機の特徴は、従来機に比べて倍近い1040㌔㍍という航続距離を有していること。輸送人員も55名、貨物重量も8.5トンと大型車両の空輸が可能となります。朝鮮半島や中国をにらんだ配備、と言えます。

美保基地への配備がいつ、何機になるかは決まってませんが、朝鮮半島に新たな緊張をもたらすものですし、基地周辺住民の安全を脅かすもので、「災害対応だから」という口実に乗るわけにはいきません!

Share Button

コメントご記入欄