歩けば生活相談に突き当たる‼

TOP 

日曜日のきょう(27日)も好天に恵まれて、午前、午後と共産党の後援会員や赤旗読者宅を訪問。ある赤旗集金の担当の方から「読者から生活保護のことで相談にのって欲しいそうです」と連絡がありました。

その読者に電話すると「大阪に住む妹が生活保護を申請したらしく、自分のところへ市役所から援助しろと文書がきた。どうしたらいいのか?」と。あす直接お会いし、通知文書を見て対応することにしました。

生活保護を受けにくくしようとする国と自治体行政の姿勢にかかわる問題だと感じました。夕方遅く帰宅すると、今度は「市長の公私混同だ!」という内容の電話があり、あす市役所で訴えの内容について確認し、今後の対応を検討することにしています。

写真は、わが家の庭に咲くコデマリの花。

Share Button

コメントご記入欄