改選後の初議会が開会しました

TOP 

きょう(14日)、改選後初の米子市議会7月定例会が開会しました。議長選は渡辺穣爾(蒼生会)が20票、山川智帆(希望)4票、岡村英治(日本共産党米子市議団)1票で、渡辺議員が議長に当選しました。副議長には中田利幸議員(信風)が同じく20票を獲得して就任しました。新たに就任した議長、副議長とも前期と違って会派離脱は考えてないようですが、会派の枠を超えた公平・公正な議会運営を望みたいところです。

帰宅して、今晩はちょっとプレミアム―。議会初日の慌ただしい日程をくぐり抜け、一般質問のヒアリングもこなしてホッと一息。明日は議案上程をすませた後は、質問原稿の仕上げにねじり鉢巻。今晩は早めに切り上げます。

Share Button

コメントご記入欄