「集団的自衛権行使容認」閣議決定、撤回を!

TOP 

26日午前、「戦争への道許すな! 7・26  集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を求める決起集会」が、米子市公会堂で開かれました。各団体の代表が「立憲主義に反する暴挙」「殺し殺される国にしてはならない」と、撤回を求めて決意を語りあいました。

集会の後、参加者は日本共産党の錦織陽子県議らを先頭に、プラカードやのぼりを持って市内をデモ行進。「若者を戦場に送るな!」「安倍内閣はやめろ!」など声を張り上げて、市民にアピールしました。

Share Button

コメントご記入欄