“実るほど頭が下がる稲穂かな”

TOP 

夜になると涼しい風が部屋に舞い込み、早くも秋の気配を感じさせる今、26日午後9時半過ぎです。きょうの活動のまとめと明日の予定をチェックするため手帳を繰っていますが、あっという間に一日が過ぎてしまうんですね。

 

午前は党の打ち合わせ、来春の県議選必勝に向けた体制を構築すべく、そのためにも今年6月の市議選の総括をしっかりやろうと話し合いました。

午後は、市内の私立幼稚園の園長先生方と議員との意見交換会。市内10園の園長先生と議員は私を含め6名が参加。来年4月からの子ども子育て支援新制度に対する不安が語られました。

午後6時からは境港市議の定岡さん、安田さんとの週一の議員団会議。取り組み報告や9月議会で取り上げる課題、党の世代的継承問題などについて論議しました。

その会議などの合間をぬって市役所関係や地域での「しんぶん赤旗」読者集金。“腰をいたわり”つつ、目まぐるしく動き回った一日でした。

写真は、読者集金の途中、米子市水道局近くの田んぼで「こうべを垂れ」始めた稲穂。

Share Button

4 通のコメント ““実るほど頭が下がる稲穂かな””

  1. Comment by 会見のM:

     「実るほど、頭を下げる稲穂かな」久しぶりに聞いたけど、私には懐かしい言葉。10年前に逝った母が、幼いころからずっと、私に言い聞かせた言葉なんです。このごろ、「上から目線」になりがちだなぁと反省。

  2. Comment by 岡村英治:

    会見のMさん、とりわけ公職にある議員などは常に自戒しなければ、と思います。

  3. Comment by 会見のM:

    はい!議員じゃないけど私も自戒します。やっぱ、同級生っていいね。

  4. Comment by 岡村英治:

    はい‼

コメントご記入欄