子どもたちにとってより良い新制度に

TOP 

28日午前、「よりよい保育を求める鳥取県実行委員会」(代表世話人・小林勝年)のメンバーが、米子市の保育担当者と来春スタートする「子ども・子育て支援新制度」について意見交換をしました。私もご一緒に参加させていただきました。

意見交換では、家庭的保育の 職員資格要件や給食など地域型保育の認可基準、現行保育水準の維持・向上、住民への十分な説明と理解を得ること―などについて、さまざまな意見が出されました。

9月定例市議会には保育事業の運営基準など関係条例が上程されることになっており、住民の納得のいく新制度にしていかなくては!と感じました。

Share Button

コメントご記入欄