<中海意見交換会>

「中海意見交換会」が「ふれあいの里」で開かれました。

鳥取県生活環境部、水・大気環境課が、第5 期中海湖沼水質保全計画の策定に向け

て、県民の意見を反映させたいと開いたものです。

会場は30人を越える人で埋まりました。

1期から4期までの、おもに底泥(ヘドロ)の浚渫(しゅんせつ)を中心にした水質保全の

取り組みの結果は、大幅な水質改善は達成出来ず、一段進んだ対策が必要、

これまで以上に県民の理解・協力を得るために以下2点について意見を聞きたい、

とのこと。

  ①長期ビジョン(2,30年後の中海の望ましい姿)とそのキャッチフレーズ

  ②第5期計画で取り組むべき水質保全政策(自分が取り組みたいこと、行政にもとめ      

   ること)

会場からは、

「泳げる中海に、魚の獲れる中海にが願いです。」

「干拓窪地の埋め戻しと堤防開削なしに、大幅改善あり得ない。」

「多くの米子市民は両堤防の開削をのぞんでいる。しかし、森山堤防の開削の結果をみて大海崎堤防の開削いかんを考えるという話しになっている。森山堤防60メートル開削したその調査結果を公表して。」

「たった60メートルではなく、海水の入って来る境水道と同じ幅150メートルを開削すべきだ。」

「浚渫汚泥の水中エアレーション(?ヘドロを打ち砕く、熔解、撹拌することのようです。)など、積極的な試みを。」

「米子市民は今でも水質保全、中海をきれいにする活動に熱心に参加している。県民参加を促すためのキャッチフレーズより、県側のどうしたい、そのためにこうしましょうという提起が先ではないか。」

などなど積極的な意見続出。

豊かな中海の再生は、米子を始め中海の周りに暮らす私たちの主要な環境問題です。

この第5期水質保全計画にむけての県民の意見募集は、6月30日締め切り

郵送、FAX,Eメールで、下記宛先まで。

鳥取県西部総合事務所生活環境局環境・循環推進課   または、

米子市役所環境政策課、境港市環境防災課  まで。

たくさんの声を届けましょう。

e5a4a7e6b5b7e5b48eefbd93

●これは大海崎堤防の端、松江市側につながる架橋です。

Share Button

第8回中央委員会総会

今日、日本共産党第8会中央委員会総会が開かれ、

私は西部地区委員会の事務所で、CS通信の同時中継を見た。

4年前の党大会の時にはとても予測がつかなかった程、

そして1年9ヶ月前の5中総(ここから総選挙の取り組みが始まった)の時点と比べても、

大きく情勢が進展している。

今の新自由主義の経済の破綻ぶり、先の見えない日本政府、オバマ発言で大きく進む核のない世界への潮流、世界の流れに逆らう北朝鮮。

行き詰まるこの国の政治をどうにか変えたいという、押し込めようがない国民の思いを意志に変えて、

ひとりひとりが大切にされる社会に。

日本共産党の担う役割は大きい。

さて、いよいよ総選挙です。

e3818ae3818de381aae3828fefbc90efbc99efbc8eefbc92efbc8de38182

Share Button

草ぼうぼう

e79083e58590

efbd87e6a8aae291a0s

これ、なんでしょう。

崎津小学校グランド横の草原。もうジャングル状態です。

市の所有地で市教育委員会の管理するものです。

この数年予算がないと草が刈られていない。

この隣で、崎津小の野球部の球児らが毎日練習しています。

グランドに隣接した部分は、見かねて球児の保護者さんが草刈り。

しかしそれは、広大な土地のほんの一部。

ここに飛び込んだ球はもう拾えない。これから夏に向かって蚊などの虫の発生もすごい。

「なんとかして~」という声に、写真を撮って教育委員会にお願いに。

「どういう方法をとるか検討させて下さい」というお答えでした。

早く手を打って、草刈ってあげてくださいね。

g1

これは保護者の草を刈られた子どもたちの荷物置きと着替えスペース。efbd87e6a8aae291a2sjpg

道路沿いは木も繁って。

Share Button

米子市民自治基本条例のワークショップ

e4bd8fe6b091e887aae6b2bbe291a01

米子市自治基本条例づくりのためのワークショップに参加しました。

このワークショップは、米子市民から公募で選ばれた、

米子市民自治基本条例検討委員会の主催です。

今回、「市議会議員という職を経験している1人の市民」という立場の参加です。

市議とのワークショップは会派ごとに(合同もある)行われますが、

今夜の共産党市議団がかわきりだそうです。

委員さん市議ともに期待と緊張の面持ちではじまりました。

テーマごとに何枚かのポストイットと呼ばれるカードを書き、その思いを語りながら、大きな紙に貼っていき、みんなでまとめをした上で、つぎのテーマに移ります。

テーマ1●日常生活をする上であなたが感じていること(困り事や悩みや思い)は何がありますか?

テーマ2●今後の米子を考えていく上で、どんな「まち」(もしくは「お住まいの地域」)であって欲しいと思いますか?

テーマ3●そのために、あなたができそうなこと(すでにしていること)は何ですか?(誰かと一緒だったらできそうなことでも結構です。)

委員の6人と共産党市議3人との、 真面目で熱心な共同作業。

猫の糞害やゴミ有料化、遠隔地のバス路線問題、

命に係わる国保資格証問題、話題の盛り上がった問題もいくつか。

なかなかエキサイティングでしたよ。

最後のまとめのタイトル、私が書かせてもらいました。

たどり着いたまとめ、声の挙げられない弱者も見捨てられない、どんなひとりも大切にという思いこめて、

「ひとりひとりが大切にされるまちに」です。

e4bd8fe6b091e887aae6b2bbe291a1sjpg2

幅広い市民の意見を聞きたい、反映したいというこの作業、

これまでに700人の市民が参加と聞きました。

あなたも、ぜひ参加して下さい。

●「米子市民自治基本条例」についてのお問い合わせは、米子市企画部推進課まで。

Share Button

第5回 地域人権問題全国研究集会

旧「人権と部落問題全国研究集会」が名を変え、第5回大会が鳥取市で開催されました。

今年のテーマは、

「憲法を暮らしに活かし、貧困の解消へー役割を終えた「同和」対策は集結を」です。

1日目全体会の参加者は、鳥取市民会館いっぱいの800名。

そもそも同和(部落)問題とは、憲法に謳われた人権とは、

今日の貧困は、言論・表現の自由とは・・・

かなり広範な問題が2日間にわたって話しあわれました。

★写真は長野県御代田町町長・茂木祐司さん。(共産党員町長です。)

「住民の暮らしを守る自治体づくりと解同タブーの排除」という題での講演

e4babae6a8a9e980a3

Share Button

リニューアルしました、これからもよろしく!

e89694e89687efbc93jpg

いよいよ6月に入りました。

先ず、5月29日の臨時議会の報告です。

市職員の期末手当ては0.2ヶ月分カットされることが決議されました。

この時期に異例の人事院勧告に準じ、手当ての引き下げをすることは、

春闘真っ直中の民間企業への影響大きく、

この不況で厳しい家計をなお厳しいものとし、

景気をさらに冷え込ませることになると、

共産党市議団を代表し岡村英治議員が反対討論にたちましたが、

他の会派からはなんの意見もでず(賛成討論もなし)、

反対は共産党3人のみ。

期末手当てカットは決まってしまいました。

もうひとつの、北朝鮮の核実験に抗議する決議、

全国議長会で決議されたものと同文の決議案が出されたため、

共産党市議団の先に提案した決議案は取り下げ、

全会一致で「北朝鮮の核実験に抗議する決議」を可決しました。

Share Button

日本共産党演説会 志位和夫委員長の訴え(09.5.20)

5月20日、有明コロシアムでの志位和夫委員長の講演

Share Button

「核廃絶」書簡に対する米政府からの返書について 志位委員長(09.5.19)

Share Button

派遣法抜本改正を求める集会で志位委員長があいさつ(09.5.14)

労働者派遣法の抜本改正を求める集会が14日夜、東京・日比谷野外音楽堂で開かれまし た。幅広い労働組合や弁護士らでつくる「派遣法抜本改正を求める共同行動」の主催で、 約千人が参加。
日本共産党の志位和夫委員長はじめ、民主、社民の代表があいさつしました。

>>http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-05-15/2009051501_01_1.html

Share Button

核兵器廃絶へ被爆国政府が努力を 笠井議員が主張(09.5.8)

5月8日、衆院予算委員会での笠井亮議員の質問

Share Button

お年寄りも子どもも安心して暮らせるわがまちを